So-net無料ブログ作成
検索選択

「特急」と運転士勘違い、京急で駅通過ミス(読売新聞)

 28日午後11時25分頃、京急電鉄の泉岳寺発羽田空港行き急行電車(8両編成)が、本来停車するはずの立会川駅(東京品川区)を誤って通過していたことが29日、わかった。

 同社によると、運転士と車掌が同駅を通過する特急電車と思いこんで乗務していたという。約200人が乗っており、次の平和島駅に停車した。

<監禁致死>「止めて」懇願無視 運転の男起訴 名古屋地検(毎日新聞)
日本の森と水、むさぼる外資 埼玉や山梨でも買収打診 取引、10年前の倍以上(産経新聞)
“実践”訓練に緊張感 吹田・JR西「実習線」(産経新聞)
めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察−新潟(時事通信)
<マガン>明けの空に飛び立つ影の群れ 北海道・苫小牧(毎日新聞)

橋下知事、新政治集団「4月中旬までに形あるものに」(産経新聞)

 午前9時半 登庁し報道陣の取材に応じる。新政治集団「大阪維新の会」について「現在、府議が中心になって詰めているが、4月中旬までに形あるものにしたい」。

 10時 府議会議会運営委員会。

 10時10分 知事室で報告を受けるなどする。

 午後1時 府議会本会議。

 5時35分 議会後、報道陣の取材に応じ、伊丹空港の廃港決議案が可決されたことについて、「タウンミーティングも大きかった。世間の考え方が徐々に変わってきている。行政では絶対にありえない。政治が動いたということ」と述べる。

 6時 知事室で執務。

 6時25分 退庁。

【関連記事】
橋下新党「大阪維新の会」の構想案が判明
大阪府議会が伊丹空港廃港を決議 大阪、兵庫で相反
橋下知事が再び応酬「兵庫県議会、小中学生なみ決議」
橋下知事「北朝鮮から批判されて光栄だ」 授業料無償化めぐり
橋下大阪知事を厳しく非難 朝鮮学校の無償化問題で北朝鮮通信社
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<児童ポルノ>定義の厳格化求める 日弁連が意見書(毎日新聞)
雑記帳 海藻「アカモク」の新商品 中部空港で販売(毎日新聞)
「日韓併合まで朝鮮近代化できず」枝野行政刷新相(読売新聞)
徳島の土地改良区横領、1億円の賠償命令(読売新聞)
郵政、民業圧迫に配慮を=平野官房長官(時事通信)

<訃報>村田良平さん80歳=元外務次官、核密約問題で証言(毎日新聞)

 外務省などによると、元外務事務次官で駐米大使を務め、退官後、米軍の核兵器持ち込みを巡る密約の存在を認める証言をした村田良平(むらた・りょうへい)さんが18日午後2時5分、京都市内の自宅で亡くなった。80歳。葬儀は京都市内で親族だけで営まれる。

 村田さんは1960年の日米安全保障条約改定時に、核兵器搭載艦船の寄港などを日本政府が認めた「核持ち込み密約」について、前任次官から文書で「引き継ぎ」を受けていたことを昨年6月、毎日新聞に証言した。

 今月6日、毎日新聞が密約問題について自宅に電話取材した際、「私は肺がんで、取材に応じられる状態でもないのでお断りしている」と話していた。

<普天間移設>官房長官と国民新の下地氏が会談(毎日新聞)
貨物機炎上 事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)
<温泉施設爆発事故>大成建設社員を在宅起訴へ 東京地検(毎日新聞)
JAYWALKボーカルの内縁妻 テレビで「夫の覚せい剤」語る(J-CASTニュース)
<鳩山首相>「日米同盟基軸の方針揺るがず」防大卒業式で(毎日新聞)

漫画などの性表現規制条例、都が継続審議へ(読売新聞)

 18歳未満の性行為を露骨に描いた漫画アニメの販売・レンタルを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案は19日、都議会総務委員会で継続審議の方針が全会一致で決まり、今議会での成立が見送られることになった。

 出版業界などから「表現の自由を侵害する」という懸念が広がり、民主などが「議論が尽くされていない」と継続審議を主張。改正に賛成の姿勢を示していた自民、公明も了承した。30日に閉会予定の定例会で正式に決定した後は、総務委員会で審議が続けられる。

 石原慎太郎知事は19日の定例記者会見で、「継続審議の間に、いろいろな意見を聞き、誤解を解いていきたい」と述べた。

「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)
グループホーム火災で厚労省が職員派遣(読売新聞)
JR羽越線で停車駅通過=次駅に停車後気付く−新潟(時事通信)
「あかつき」など公開=5月打ち上げの金星探査機−宇宙機構(時事通信)
鶴岡八幡宮の大イチョウ、7m西に植え替え(読売新聞)

来年も見たい、梅の花 東京・青梅市「梅の公園」(産経新聞)

 東京都青梅市の「梅の公園」が見ごろを迎えている。4万5千平方メートルほどの園内に、約1500本、120品種が植えられ、1万5千人が訪れる日もあるという。

 ただ、同市によると昨春、市内の梅にウイルス性の病気が見つかり、今後の調査結果によっては園内の木が伐採されることも。感染が拡大していれば、すべて切られる可能性まであるという。10年以上も訪ねている相模原市の小林かおるさん(65)は「伐採されることになれば、残念。来年もきれいな梅の花を見たい」と話した。

汚染土壌の無害化は可能=豊洲市場予定地の実験で報告−東京都(時事通信)
大阪空港から中国に 和歌山パンダ「幸浜」、繁殖へ出発(産経新聞)
首相動静(3月10日)(時事通信)
公邸入居費を修正、官房長官「隠した訳ではない」(読売新聞)
インフルエンザ予防にビタミンDが効果的 魚やキノコ (産経新聞)

教職員の緊急注射研修、35府県教委未実施(読売新聞)

 兵庫県姫路市内の小学校で、食物アレルギーの男児が給食で急性反応・アナフィラキシーショックを起こした際、学校側が預かっていた緊急用の自己注射薬を打たなかった問題を受けて、読売新聞社が調べたところ、全国47都道府県教委の7割を超す35府県教委で、薬の使用法を学ぶ教職員対象の研修をしていないことがわかった。

 文部科学省は2008年以降、救命のために教職員が注射をしても医師法違反にはならないとして、各教委に適切な対応を促しているが、現場の準備は十分でない実態が浮き彫りになった。

 姫路市の市立小は今年1月、ショックを起こした男児に、保護者から預かっていた、症状を和らげる注射をせず、119番。男児は救急車に乗ったところで、駆けつけた母親から注射を受け、2日間の入院で済んだ。学校側は「注射する取り決めを保護者と交わしていなかった」と説明している。

 調査は3月上旬、各都道府県教委の担当者に、文科省通知に対する認識や、児童生徒が発作を起こした場合に備えた訓練・研修の有無などを聞いた。

 「ショック状態の児童生徒が自ら注射を打てない場合は適切な対応を行うこと」を求めた09年7月の同省通知については、45教委が「教職員は積極的に打つべきだと理解している」などと回答。しかし、実際の打ち方の研修を都道府県単位で行っていたのは、北海道、埼玉、東京、石川、高知など12教委にとどまった。

 神奈川県教委は09年度に12回、養護教諭や一般の教職員を対象に、針のない訓練用キットを使って太ももなどへの打ち方を学んでもらった。東京都、千葉県の教委も、アレルギーの専門家を講師に、注射を使うかどうかの判断や打ち方についての研修をした。

 教育評論家の尾木直樹・法政大教授は「文科省のお墨付きがあっても、注射を打つ医療行為は、教師にはハードルが高い。一刻を争う場面でためらわずに対応できるよう、教育委員会のチェックのもとで、全教職員が実技などの研修を受けるべきだ」と話している。

仮免許失効者を路上教習…福島の教習所(読売新聞)
母親、殺人容疑で逮捕=2カ月女児揺さぶる−大阪府警(時事通信)
対馬市議会 外国人参政権法案 反対の意見書採択(産経新聞)
<平野官房長官>内閣支持率続落を分析(毎日新聞)
慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も(医療介護CBニュース)

中2男子首つり自殺、学校調査で「いじめ」証言(読売新聞)

 4日午後7時20分頃、鹿児島県南九州市知覧町、知覧中(375人)の2年生男子生徒(14)が、自宅倉庫で首をつっているのを家族が見つけ119番した。

 生徒は病院へ運ばれたが、死亡が確認された。南九州署は自殺とみている。遺書はこれまでのところ確認されていないが、この生徒が自殺する動機に心当たりがないかについて、同校が全校生徒を対象にアンケート調査したところ、いじめをうかがわせる記述が複数あり、同校が調査を始めた。

 同校によると、アンケート調査の結果、「金をせびられていたようだ」「別の生徒から靴をぬらされていた」といった回答が6件あった。1年生の時には生徒の紛失した生徒手帳がぬれた状態で机の中から見つかったという。柿野幸広校長は、「もし回答が本当なら明らかにいじめにあたる。調査を徹底したい」と話した。

厚労省が「全面禁煙」通知も…「実効性に疑問」「禁煙は世界の流れ」 (産経新聞)
<東北大病院>がんではない70代男性に手術(毎日新聞)
【Web】ネットの主役は中高年?(産経新聞)
<東金女児殺害>公判での客観証拠重視を要望 福祉連盟(毎日新聞)
金子みすゞ 没後80年で墓前祭(毎日新聞)

<暴言>愛知学院大の硬式野球部監督、選手に 厳重注意処分(毎日新聞)

 愛知学院大(愛知県日進市)の硬式野球部で、選手が監督(39)から暴行を受けたと訴えていた問題で、大学側は、3日までに「暴力はなかったが、選手への暴言があった」として監督を厳重注意した。

 同大によると、この監督は昨年夏、カンニングなどをした学生を注意する際、「死んでしまえ」と怒鳴るなどの暴言があり、同大調査委員会は行き過ぎた指導と認定した。

 一方、学生3人が訴えていた暴行については、練習中に髪の毛をつかむなどの行為があったものの、「指導の一環で、明確な暴行とまでは言えない」と判断した。

 野球部は、コーチ(26)が練習中の暴行で無期限の職務停止処分中。選手の訴えを受け、大学側は昨年12月から監督らの練習参加を認めず、学生の自主練習が続いていたが、監督は5日から練習に復帰する。

 愛院大は愛知大学野球1部で春秋通算39回優勝の強豪。春季リーグへの参加は、6日の愛知大学野球連盟理事会の判断を待つという。【黒尾透】

【関連ニュース
日本学生野球協会:改正憲章施行へ…評議員会が承認
アマ野球:規則委総会 審判制度の在り方で特別委設置へ
大学野球:今季からカウントコール変更…プロは1月に決定
学生野球憲章:全面改正「野球漬け」に警鐘…第1次案発表
日本学生野球協:改正憲章、施行へ 評議員会が承認

<ホステス税額>非出勤日も控除対象 最高裁初判断(毎日新聞)
「のぞみ」発煙 歯車箱の破損は部品脱落が原因(毎日新聞)
食事与えず5歳児死なす=2カ月放置、体重約6キロに−容疑で両親逮捕・奈良県警(時事通信)
<チリ地震>医療チーム派遣 鳩山首相が方針(毎日新聞)
<松田参院議員>自民に離党届、元秘書が民主で出馬(毎日新聞)

福井・もんじゅ企業、敦賀市長のパーティー券計222万円購入(産経新聞)

 ナトリウム漏れ事故で停止中の高速増殖炉「もんじゅ」がある福井県敦賀市の河瀬一治市長(58)が、事業者の日本原子力研究開発機構の協力会社2社から、平成20年までの5年間にパーティー券計222万円の購入を受けていたことが、3日分かった。

 原子力機構はもんじゅの今月末までの運転再開に向け、県と敦賀市に安全協定に基づいて事前協議願を提出しており、了承するかどうかの判断が注目されている。

 2社は、原子力機構の高速増殖炉「もんじゅ」(同市白木)の保守管理業務などを受注している「高速炉技術サービス」と「TAS」(いずれも敦賀市)。

 市長の資金管理団体「グローバルビジョン」の政治資金収支報告書によると、平成16年から3回にわたり開催された市長の政治資金パーティーで、2社がパーティー券計222万円を購入していた。

【関連記事】
鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード
入札直前に胆沢ダム談合情報 国交相が明かす
小沢事務所への献金は“みかじめ料” 東北の談合
鳩山首相、贈与税は9億円? 元秘書2人在宅などで起訴
橋下知事、叔父のパーティー券購入に「問題ない」 共産府議が批判
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

夫婦間病腎移植始まる 宇和島徳洲会(産経新聞)
「3月8日」何の日?…サバ料理味わう日だって(読売新聞)
リニア中央新幹線 「ルート選定」開始 交通政策審(産経新聞)
無償化へ朝鮮学校側が“攻勢” 社民は首相に生徒との面会要請(産経新聞)
反射鏡70台、太陽を追う 三鷹市(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。