So-net無料ブログ作成

北沢防衛相が外国人参政権に慎重姿勢 「予断を与えてはいけない」と賛成表明から転換(産経新聞)

 北沢俊美防衛相は12日午前の記者会見で、永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案について「対立の中でことが決まるような性格ではない。やや議論が未成熟ではないかという気がする」と述べ、慎重な姿勢を示した。

 北沢氏は先の衆院予算委員会で、法案に賛成する考えを表明していただだけに軌道修正した格好。北沢氏は「心情的なことを予算委員会で申したが、これから議論を行っていく上で、防衛相として賛否など積極的にモノを言うことは控えていきたい。予断を与えることになってはいけない」とし、賛否を“封印”した。

【関連記事】
岡田外相、外国人参政権で明言避ける
外国人参政権「安全保障上の議論ある」 首相、問題点指摘
外国人参政権の反対署名消える、盗難の可能性も 兵庫・加西市議会
小沢氏不起訴 韓国では安堵の声 外国人参政権への影響懸念で
外国人参政権「民族感情刺激される」 亀井氏、重ねて反対を表明

緊急保証、医療機関や介護事業も利用可能に―経産省(医療介護CBニュース)
運転のブラジル人、公開手配=フリーダイヤルも設置−名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
国内最高齢のゾウ「はな子」が63歳 井の頭自然文化園でお祝い会(産経新聞)
「自立への支援必要」=ハイチ救援NPO帰国−成田(時事通信)
プロ野球選手の個人情報紛失=関テレ社員、USB持ち出し−大阪(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。