So-net無料ブログ作成

<将棋>力戦模様の展開に 名人戦第4局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)に三浦弘行八段(36)が挑む第68期名人戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力協力)が18日、福岡市中央区の城南クラブで始まった。

 ここまで、3連覇を目指す羽生が3連勝。羽生がストレートで決着をつけ、名人在位を通算7期に伸ばすか。カド番に追い込まれた三浦がA級順位戦を勝ち抜いた実力を発揮し、1勝を返すか。

 本局の舞台は、福岡市の中心部にある昭和初期に建てられた施設。三浦、羽生の順に対局室へ姿を見せた。定刻の午前9時、立会の加藤一二三九段が開始を告げると、先手の羽生は7六歩と指した。

 第1局から第3局まで、横歩取りが続いた今シリーズ。両者の戦型選択が注目されたが、意外な形になった。三浦は6手目に22分考え、4四歩と角道を止める。これで横歩取りはなくなった。羽生の2五歩に三浦は3三角と応じる。力戦模様の展開になった。【山村英樹】

【関連ニュース】
野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決
将棋:久保王将「楽しみながら努力」 就位式に300人
将棋:名人戦第4局 羽生一気に防衛か、三浦意地の1勝か
将棋:羽生、3連覇へ王手…名人戦・第3局
将棋:封じ手は「4四銀」 名人戦第3局

嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び(産経新聞)
「反対あっても理解求める」=12日夕、徳之島町議と会談−平野官房長官(時事通信)
履歴書で捜索願?養女なのに1枚もなかった顔写真…大阪・ポリ袋死体遺棄事件(スポーツ報知)
侵入者を追跡、車から振り落とされた男性死亡 出頭男2人逮捕へ(産経新聞)
<掘り出しニュース>ゴリラ研究科×狂言師が“異色”コラボ ゴリラ題材の新作狂言披露(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。